■FC2カウンター

■無料PDF「勝ち組への道 知識ゼロからのステップアップ」はこちら♪

「特典付!FXレジスタンストレードメソッド(RTM)(FX自分年金型積立手法+90日間無料サポート)」2017年11月の特典として配布させていただいたものになります。無料ですので、もしよろしけばご参考くださいませ。

■特典付!レジスタンストレードメソッド (RTM)のご購入はこちら♪

2015年 +48490pips(確定)---- 2016年 +51521pips(確定)---- 2017年 +29223pips(11月11日現在)  〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 私しんからの直接購入をご検討いただける方は、お手数ですが、「ブログを見ました!」と一言添えて、この下にあります「メールでのお問い合わせはこちら♪」よりご連絡ください。原則24時間以内にご返信をさせていただきます。                                     ブログをいつもご高覧いただいている方への特典として、特別価格にてご奉仕させていただきます。(銀行振込のみの対応となります。ご了承ください。)無料サポート期間等もDLマーケット経由と同じ条件になります。

■特典付! Platinum Kubera FX はこちら♪

他社で唯一オススメできるFXインジケーター商材です。石塚先生とのタイアップ企画が実現いたしました。裁量の取り入れ方については、私も精一杯サポートさせていただきます。特典詳細は2016年12月30日付のブログ内記事(下記、カテゴリー内「Platinum Kubera FX」をクリックしてください。)をご高覧いただくか、私しんまで直接ご連絡ください。

■カテゴリー
■メールでのお問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■相互リンク募集中♪(リンクフリーです!)

このブログをリンクに追加する

■ブロとも申請フォーム
■プロフィール

しん

  • Author:しん



  • 元小学校教員のしんと言います。よろしくお願いします。

    好きな女優 昔は水野真紀さんだった時期がある。今は吉瀬美智子さん。昔は年上好みだったが、次第に年下好みに変わり、今は同じぐらいの年齢がやっぱり一番落ち着くかな、という感じがしている。
    過去に似ていると言われた有名人 加勢大周、上原浩治、柳葉敏郎、桂歌丸、ビビビのねずみ男
    大学の卒業論文はピアノ演奏、ショパンポロネーズ作品No.40-1(一般に軍隊ポロネーズと呼ばれている。英雄ポロネーズは有名だが、こちらはちょっとマニアック。ていうか、簡単。)
    座右の銘 裁量こそ最良の売買システム
    持っている資格 小学校第一種免許、学校図書館司書教諭、税理士科目(簿記論、財務諸表論)
    趣味 ソフトテニス(中、高、大とやってました。)将棋(アマ4段の免状あり。)、インターネット、平日のワンコインランチ巡り、休日のB級グルメ巡り


■最近の記事
■QRコード

QR

■最近のコメント
■月別アーカイブ

■ブログ内検索

勝ち組に回るための脱皮考 その4
皆様、こんにちはm(__)m

今回は、「損切りができない思考」について考えてみたいと思います。

例によって、私のかつての専門分野であったパチンコに例えて書くことが多くなるかと思いますが、ご了承ください。

興味がお有りの方は続きをどうぞm(__)m


←よろしければ、ポチっとお願いしますm(__)m
損切りが出来ない理由としては、思うに、

「全部のトレードで勝とうとしている」

「どうせ戻るだろうという希望的観測を持っている」

「リスク管理については知識として知ってはいても、実戦経験が不足していて、リスクリターン比を軽視している」

といったような方に多いのではないでしょうか。

まず、「全部のトレードで勝とうとする」思考についてですが、そんなバカはいねぇよ!と思われたかもしれませんが、自覚がないだけで実は貴方様がそうかもしれないのです。これは計画的にポジションを取っていない人に多い傾向ではないかと思います。

なんとなく上げているからロングから入る、なんとなく下げているからショートから入る、レンジ下限で下げ止まりそうだから、とりあえずロングから入ってみる、などですね。まず、エントリーの根拠が薄い、ということが挙げられます。それなのに、そのポジションは必ず利益を生むと疑ってかからないのです。

パチンコでも、「なんとなくこの台は出そう」という根拠で打っても、出ることもあれば出ないこともあります。でも、確固たる根拠があって打っているのならいざしらず、根拠もないのに全然出なかったらバカバカしくなってヤメますよね?それなのに、FXとなるとなぜ損切りをしないのでしょうね…。画面に出ている口座残高(数字)だけを見ていても、お金が減っていくという実感が湧かないからかもしれません。

冷静に考えて、自分が百戦百勝のトレーダーだと思われますでしょうか?それは違うと皆さんおっしゃるかと思います。含み益になった時のことばかり考えて、なぜ負けた時の出口については考えておかないのでしょう?なんとなく損切りをしよう、とか、なんとなくナンピンして凌ごう、などと考えてはいるのですが、ポジションを取る前に事前にしっかりとした想定をしていない方は、レートが大きく動いた時に対処できずに「フリーズ」してしまう傾向があります。切るべき時に切れないと、思考が停止してしまって動けなくなるんですね…。(私がそうでした。)

慣れるまでは、エントリー前に必ず損切りラインだけは決めておいた方がいいかと思います。慣れている人でもそうしている人が大多数ではないかと思います。それと、一度入れた逆指値は損が膨らむ方向には絶対に変えないことが重要です。身をもって経験したことからそう思うわけです。

パチンコに例えますと、「1日の投資額の上限を予め決めておく」という対処になるかと思うのですが、期待値の大きい台を打っている時は、これは理論的には正解ではありません。しかし、もし私がパチンコを全くやったことがない方に一からパチンコの勝ち方を教えるとしますと、やはり最初は投資額の上限を決めておくように伝えるかと思います。

それはなぜかと言いますと、

「期待値が高い台を打っているとはいえ、勝ち方が分からないうちに立ち直れないような大負けを経験してしまうと、そこでメンタルが打ちのめされて立ち直れなくなる可能性があること」

「期待値が高いとはいえ、今日打ち切って(打ち切るとは、閉店まで打つことを指します。)絶対に勝てるとは言い切れないこと」

「勝つ時はそれほど使わないこと」

を経験しているからです。

仮に自分がぶん投げた後で他人にすぐ当てられたとして、あと500円打っていれば当たったかもしれない…といったようなことは結果論であり、自分が打っていても当たったかどうかは分からないですし、パチ屋は明日もあるのから、また明日頑張ればいいし、致命傷を負わないうちに撤退しておいた方が良いからぶん投げたのだ、というように気持ちを切り替えるしかないのです。明日には明日のパチンコがあるわけですね。勝てる台だと思っても、諦めることもある、ということです。

このあたりの説明はどうしても矛盾が生じてしまうのですが、「ルール通り」ばっかりに固執し過ぎる人っていうのは、正しいことだけを実践していても、なぜだか早く消えていく運命にあります。これは、通常は有り得ない「落とし穴」にハマっていることに気が付かないからなんですね…。経験上、そう思います。

「世の中、うまい話はそうそうない」という感覚も重要です。「落とし穴」は、それと関連があります。

滅多にないのですが、いわゆる「裏モノ」や「遠隔」といった類のものも、一応は疑ってかかる必要があります。言葉は悪いですが、「期待値バカ」になってしまうと、そういったものが見えなくなることがあるのです。

昔、モンスターハウスという機種があったのですが、千円40回回るという理由で1か月打ち切った人がいたのですが、結果は月トータル30万のマイナスで心折れて引退した人がいました。他人から見れば、「この店おかしいだろ?」「その台おかしいだろ?」って誰でも気が付くのですが、打ってる本人は期待値ばかりをみていて、出ない可能性を疑わないんですね。「期待値バカ」っていうのは、そういう人のことです。台を探す能力や目の付け所はとてもいい人だったので、とても残念な人でした。

FXでも、「ここは絶対のポイントだ!」ってたまに妙に閃くことってありませんか?でも、冷静に考えて、自分が買ってる裏では、誰かが必ず売ってるんです。自分とは真逆のことを考えている人がいるんです。これは絶対そうなんです!それが分からないという方は、FXの仕組みを理解していないか、その仕組みから目を背けている方なのだろうと思います。自分が間違っているかもしれない、って感覚は常に持ち続けていたいものです。

次に、「どうせ戻るだろうという希望的観測を持っている」思考についてですが、確かに損切りをしなければ戻ってくることの方が圧倒的に多いように経験的にはそう思います。9割~8割5分程度は戻ってきて、チャラで逃げられるのではないでしょうか。

しかし、残りの1割~1割5分は戻ってこないのです。この戻ってこない時に対処ができないと、1度の負けで大負けを喰らい、リターンがそれ以上でない限りは、いわゆる「コツコツドカン」となります。損切りは、この1割~1割5分のドカンを喰らわないための保険という意味合いが強いです。

そして、損切りを執行することは、8割~8割五分の確率で失敗するものなのです。損切りを当てようとしてはいけないのです。10~15%程度しか当たらない損切りを毎回当てようとする方が無理があるというものです。そして、損切った方が期待値が高くなるように、損切り幅を設定すべきなのです。損切りはリワードを得るためのリスクであり、必ず許容しなければならない必要経費なのです。

このことに気づくのに、私は何年もかかりました…。損切りの重要性は、やはり大負けという経験をしなければ分からないものなのかもしれませんね…。大負けを経験しないで損切りの重要性に気が付く人って、相当な投資の才能をお持ちなのだろうと思います。

最後に、「リスク管理については知識として知っていても、実戦経験が不足していて、リスクリターン比を軽視している」という思考についてですが、これは損切りのラインを決めているのに、いざレートがそのラインに近づいてくると、反射的に損切りにかからないよう損切りラインを変更してしまったり、切るべきところを逆にとっさにナンピンしてしまったりするといったように、ポジションを保有している時にありがちな思考です。

優位性のあるトレードは、エントリー前に期待値を計算してエントリーするからこそ優位性ああるわけで、当初の想定リスクを悪い方向に変更してしまうということは、自らリスクリターン比を不利な方向に調整するトレードに変えてしまっているのと同じ、と認識をするべきだろうと思います。

でも、反射的にやってしまうもんなんです^^;私は何度も同じことをやらかしてました。恥を忍んで告白しますと、今でもやってしまうことがあります^^;これは猛烈に反省しなければならないことです。特に個人トレーダーは自由な反面、規律を冒しても誰も叱ってくれる人がいませんから、つい自分に甘くなってしまうんですね…。

パチンコをやっていた時も、大した期待値がないのにハマってしまって、後1回当たるまで粘って、その持ち玉が飲まれたらヤメよう、とか、自分に都合のいい言い訳をつけて粘ったりすることがありましたが、結果大負けを喰らい、寝る頃になってようやく「なんであんなしょうもない台にあんなに突っ込んでしまったんだろう…」と後になってようやく冷静に振り返ることができる、といったことがよくありました。

まぁ、結果オーライで負け分が戻ってくることもあるのですが、そういう場合においても、それは「悪い勝ち」であることを十分自覚した上で、次の実戦に向かわなければなりません。悪い勝ち(運勝ち)なのか、やるべきことをやった上での良い勝ちなのか、勝った後でもこれらを反省して次につなげる姿勢が、長く生き残っていく上では非常に重要な思考ではないかと思います。

いくらかでもご参考になさっていただけましたら幸いです。

テーマ:★FXのスキャルピング&デイトレ★ - ジャンル:株式・投資・マネー

勝ち組に回るための脱皮考 | 13:10:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad