■FC2カウンター

■無料PDF「勝ち組への道 知識ゼロからのステップアップ」はこちら♪

「特典付!FXレジスタンストレードメソッド(RTM)(FX自分年金型積立手法+90日間無料サポート)」2017年11月の特典として配布させていただいたものになります。無料ですので、もしよろしけばご参考くださいませ。

■特典付!レジスタンストレードメソッド (RTM)のご購入はこちら♪

2015年 +48490pips(確定)---- 2016年 +51521pips(確定)---- 2017年 +29223pips(11月11日現在)  〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 私しんからの直接購入をご検討いただける方は、お手数ですが、「ブログを見ました!」と一言添えて、この下にあります「メールでのお問い合わせはこちら♪」よりご連絡ください。原則24時間以内にご返信をさせていただきます。                                     ブログをいつもご高覧いただいている方への特典として、特別価格にてご奉仕させていただきます。(銀行振込のみの対応となります。ご了承ください。)無料サポート期間等もDLマーケット経由と同じ条件になります。

■特典付! Platinum Kubera FX はこちら♪

他社で唯一オススメできるFXインジケーター商材です。石塚先生とのタイアップ企画が実現いたしました。裁量の取り入れ方については、私も精一杯サポートさせていただきます。特典詳細は2016年12月30日付のブログ内記事(下記、カテゴリー内「Platinum Kubera FX」をクリックしてください。)をご高覧いただくか、私しんまで直接ご連絡ください。

■カテゴリー
■メールでのお問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■相互リンク募集中♪(リンクフリーです!)

このブログをリンクに追加する

■ブロとも申請フォーム
■プロフィール

しん

  • Author:しん



  • 元小学校教員のしんと言います。よろしくお願いします。

    好きな女優 昔は水野真紀さんだった時期がある。今は吉瀬美智子さん。昔は年上好みだったが、次第に年下好みに変わり、今は同じぐらいの年齢がやっぱり一番落ち着くかな、という感じがしている。
    過去に似ていると言われた有名人 加勢大周、上原浩治、柳葉敏郎、桂歌丸、ビビビのねずみ男
    大学の卒業論文はピアノ演奏、ショパンポロネーズ作品No.40-1(一般に軍隊ポロネーズと呼ばれている。英雄ポロネーズは有名だが、こちらはちょっとマニアック。ていうか、簡単。)
    座右の銘 裁量こそ最良の売買システム
    持っている資格 小学校第一種免許、学校図書館司書教諭、税理士科目(簿記論、財務諸表論)
    趣味 ソフトテニス(中、高、大とやってました。)将棋(アマ4段の免状あり。)、インターネット、平日のワンコインランチ巡り、休日のB級グルメ巡り


■最近の記事
■QRコード

QR

■最近のコメント
■月別アーカイブ

■ブログ内検索

勝ち組に回るための脱皮考 その1
皆様、こんばんは。

確か昨年のGW頃だったと思いますが、「皆さん私が勝てるようになるまでの思考の変化にご興味がお有りではないかと思うので、時間を見つけて記事にしたい」といったような内容を書いた記憶があるのですが、あれからまた1年が経過してしまいました…。

RTMのご購入者様のサポートを第一に優先していますので、そこはご容赦いただきたいのですが、結局のところ、私がこういったことを考えられる時間ができるのは、GW、お盆、正月ぐらいですので、いつの間にか1年が経過してしまったといった感じです。

さて、本当に不定期にはなるかと思いますが、「勝ち組に回るための脱皮考」と題して、私が思うところをブログに記載していきたいと思います。

今回はその初回ですが、「投機家の存在について考える」ということをテーマにしてみたいと思います。

ご興味がお有りの方は続きをどうぞm(__)m


←よろしければ、ポチっとお願いしますm(__)m
以前にも記載したことがありますが、私は今は教育関係の事業をしていまして、その前は公立学校の教員、そのまた前はパチンコライターをしていました。

パチンコライターという肩書きをあえて前面に押し出すのは、つまるところ「パチプロ」という職業は存在しない、というのが私の持論でして、いわゆるパチプロというのは、経済活動には参加しているけれども、生産性のあることをやっているわけではないので、私の中ではパチプロという職業は存在しないのです。

そのようなことを申し上げますと、事務職も否定するのか?という声が聞こえてきそうですが、そのようなことは決してありません。事務職や経理職は、本業を支えるために必要な仕事であり、営業職などと合わせて総合的に見ていく必要があります。売上だけがすべてではないということですね。

それに対して、パチプロの活動は、「パチ屋という媒介を通じて、自分以外の客とお金の奪い合いをしている」という見方もできますし、経済構造的には、パチ屋はお客が来なければ経営が成り立たないですし、そのお客の全員が勝ち組であれば、そのパチ屋は当然収益を上げることはできません。つまり、お客は対価を支払い(トータル的に負けるという意味です)代わりにパチンコという役務の提供を受けることにより、経営が成り立っているわけです。

パチプロは、所詮「店の駒」であり、「隙間」をつく者であり、一部のお客であります。長期的にお客全員が勝つことは決してできませんから、お客全員がパチプロにはなることは不可能で、店側にとってはできればいない方がいい存在なのです。私がパチプロ否定派である理由はそういうことです。マクロな視点に立てば、パチプロは経済活動には参加しているので、「投機家」という見方もできなくはないかと思います。パチプロ肯定派の方はそのような見方をしているかと思います。

では、株式やFXなどの「投機家」はどうでしょう?もし「投機家」のような市場を投資行為を行う人間がいなければ、資本主義国家の市場経済システムの発展は期待できない、という見方があります。そういった見地では、現代における先進国の経済発展には、投機家(投資家)はなくてはならない存在、という考え方が一般的ではないでしょうか。

為替には実需があります。為替は実需と投機家によって動きますので、動く要因は大きく分けて実需と投機の2つと見ることができます。それに対して、パチンコや競馬などのギャンブルでは、動く要因は実需(お客)以外にはなく、かつ実需(お客)常に負ける存在でなければ経済活動として成り立たないのです。自称パチプロの方々は、パチ屋の経済活動における「隙間」をついている以外にないのです。パチプロは存在しない方が経済的には有益であり、否定されるべき存在であり、為替は、投機家がいることによって、経済が発展するという面がありますので、投機家はいてもよい存在である、というのが私の見解です。

これまでの話をまとめますと、パチンコ(ギャンブル全般)において、

・実需→対価を支払って役務の提供を受ける存在であり、顧客がトータルでプラスになることは経済活動的にはマイナスの存在(トータルで勝つお客は必要のない存在)

それに対して、為替においては、

・実需→必要に迫られて取引をする人達であり、為替で得をしたか損をしたかは営業外損益として別問題と考えられる

・投機家→投機家同士でお金を奪い合いをしている人達であり、別にいてもよい存在(実需の営業外損失は、投機家の収益となる場合もあるし、その逆もまた然り。)

・実需も投機家も銀行に手数料を支払っているので、銀行にとっては潤う存在

ということになりますでしょうか。

そういった理由から、私は元パチプロという肩書きではなく、「元パチプロライター」という肩書きを使わせていただいています。

では、何のライターをしていたのかと言いますと、「パチンコウォーカー 関西版」という雑誌で、「アマデジソムリエ しんの思考亭」というコラムを担当させていただいていました。もしかしたら、ご存知の方がおられるかもしれませんね^^;

さて、読者の皆様方におかれましては、「これがFXで勝つために必要な思考なんですか?」とひっかかる方も多いかと思いますが、もちろん必要なんです。だから書いています。それも非常に重要なコアなことを書いているつもりです。

ここをスルーされた方は、まだ勝ち組に回るための思考はできていないと断言できます。勝っておられる方がご覧になられますと、私の申し上げている意味がよくお分かりいただけるかと思うのですが、いかがなものでございましょうか。

別に経済について深く勉強してください、と言っているのではありません。(ちなみに、パチンコにおける「期待値」の考え方は、FXにおいても応用が効く非常に有益な考え方です。)今はまだ意味が分からなくてもいいです。「ふーん、そういったことを考えることも必要なんだな…」程度でいいです。これから徐々にご理解いただけるよう、書いていくつもりですので、気長にお待ちいただければ幸いです。

もう少し詳しく書きますと、「投機家同士でお金の奪い合いをしているとはどういうことなのか?」「隙間とは何なのか?」「なぜこのような値動きになるのか?」「どうしてそうなるのか?」といった理由を突き詰めていくことはとても重要なことだと私は思っています。自分の中で、「なぜ?」に対する答えを得られなければ、自信を持って行動することができないんですね。私の教材であるレジスタンストレードメソッド(RTM)では、この「なぜそうなるのか?」といった理由について、私なりの見解を書いています。(余談になりますが、巷の情報教材では、手法のみ、結論のみが書かれていて、「なぜ?」に対する見解が示されていないものがほとんどだと思います。手法を鵜呑みにしているうちは、トレーダーとしての成長は望めません。)

勝つ道にはいろいろな道があるかと思いますが、上記に述べたようなことは、勝ち組のほぼ全員といっていいほどの共通の認識事項だと私は思っています。

長くなりましたので、今回はこの辺で。次回は、今回少し触れました「隙間」について書く予定です。

テーマ:★FXのスキャルピング&デイトレ★ - ジャンル:株式・投資・マネー

勝ち組に回るための脱皮考 | 17:20:47 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
面白そう!
連載、すごく楽しみです(^^)

昔バイトをしていた関東GAIAではパチで負けて作った借金をパチバイトで返す輩が多くいて、カモネギっぷりが何だかとっても人間臭く、滑稽で興味深かったです。

いつも勝てている人なんて覚えがありません。プロなんて都市伝説かと思ってましたが本当にいらっしゃるんですね!
2017-05-04 木 00:43:36 | URL | Tochi [編集]
こんばんは!
>Tochiさん

コメントをいただき、ありがとうございます!

パチンコは地域格差が結構大きくて、地域によっては全く勝てない地域もあったようです。関東は多分勝てるホールもたくさんあったと思いますが…。

>プロなんて都市伝説かと思ってましたが本当にいらっしゃるんですね!

私の周りには結構いましたよ^^;

多分、分かる人が見れば、「あぁ、あの人パチプロだな…」ってすぐに分かります。言葉で表現するのは難しいんですが、その人の「立ち回り」を総合的に見ることによって分かります。

パチンコを知らない人には全く面白くない話になってるかと思うんですが、パチンコは私の専門分野でしたので、逆にパチンコをなさる方にとっては、参考にしていただけることもあるのではないかと思い、連載していくことにいたしました。

時間のあるうちに書いていこうと思いますので、よかったらまた遊びにいらしてください^^
2017-05-04 木 01:01:22 | URL | しん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad