■FC2カウンター

■無料PDF「勝ち組への道 知識ゼロからのステップアップ」はこちら♪

「特典付!FXレジスタンストレードメソッド(RTM)(FX自分年金型積立手法+90日間無料サポート)」2017年11月の特典として配布させていただいたものになります。無料ですので、もしよろしけばご参考くださいませ。

■特典付!レジスタンストレードメソッド (RTM)のご購入はこちら♪

2015年 +48490pips(確定)---- 2016年 +51521pips(確定)---- 2017年 +29223pips(11月11日現在)  〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 私しんからの直接購入をご検討いただける方は、お手数ですが、「ブログを見ました!」と一言添えて、この下にあります「メールでのお問い合わせはこちら♪」よりご連絡ください。原則24時間以内にご返信をさせていただきます。                                     ブログをいつもご高覧いただいている方への特典として、特別価格にてご奉仕させていただきます。(銀行振込のみの対応となります。ご了承ください。)無料サポート期間等もDLマーケット経由と同じ条件になります。

■特典付! Platinum Kubera FX はこちら♪

他社で唯一オススメできるFXインジケーター商材です。石塚先生とのタイアップ企画が実現いたしました。裁量の取り入れ方については、私も精一杯サポートさせていただきます。特典詳細は2016年12月30日付のブログ内記事(下記、カテゴリー内「Platinum Kubera FX」をクリックしてください。)をご高覧いただくか、私しんまで直接ご連絡ください。

■カテゴリー
■メールでのお問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■相互リンク募集中♪(リンクフリーです!)

このブログをリンクに追加する

■ブロとも申請フォーム
■プロフィール

しん

  • Author:しん



  • 元小学校教員のしんと言います。よろしくお願いします。

    好きな女優 昔は水野真紀さんだった時期がある。今は吉瀬美智子さん。昔は年上好みだったが、次第に年下好みに変わり、今は同じぐらいの年齢がやっぱり一番落ち着くかな、という感じがしている。
    過去に似ていると言われた有名人 加勢大周、上原浩治、柳葉敏郎、桂歌丸、ビビビのねずみ男
    大学の卒業論文はピアノ演奏、ショパンポロネーズ作品No.40-1(一般に軍隊ポロネーズと呼ばれている。英雄ポロネーズは有名だが、こちらはちょっとマニアック。ていうか、簡単。)
    座右の銘 裁量こそ最良の売買システム
    持っている資格 小学校第一種免許、学校図書館司書教諭、税理士科目(簿記論、財務諸表論)
    趣味 ソフトテニス(中、高、大とやってました。)将棋(アマ4段の免状あり。)、インターネット、平日のワンコインランチ巡り、休日のB級グルメ巡り


■最近の記事
■QRコード

QR

■最近のコメント
■月別アーカイブ

■ブログ内検索

インドルピーの政策金利は8.0%。
今日は職場の従業員を連れて食事会をしました^^楽しいひと時を過ごさせていただきました。多少経費はかかりますが、人に喜んでもらえるお金は「生き金」です♪

さて、先日よりインドルピーの勉強を進めています。勉強したことを続きにまとめておきました。インドルピーの勉強が終わったら、次は人民元の勉強を進めていきます。こちらも余裕があればアップしていきますね。

興味がお有りの方は続きをどうぞ。


←よろしければ、ポチっとお願いしますm(__)m
さて、仕事の合間を縫って、自分が勉強したことをまとめておきます。

インドルピー/円 為替チャート

現在のインドの政策金利は8.0%とかなり高いです。米ドルとのペッグ制も間違いないです。

国内は慢性的な貿易赤字、国際的にもまだまだ信用がないため、米ドルとのペッグ制を敷き、外貨準備金を徐々に蓄えて、国際的な信用を得ようとしているところのようです。

また、国内ではインフレの圧力が強く、物価上昇率を髪すると実質的な金利はマイナスとのことで、今後も政策金利の引き上げが続く見通しだそうです。2010年から断続的に11回の利上げが続いているようです。

ここまでは国内事情の前置きで、次に取引環境を見ていきます。

スプレッド

スプレッドの状況ですが、ランド円よりは大分悪いみたいですね…。(写真真ん中を参照。岡三オンライン証券から。)でも予想以上に良い条件です。人民元に至ってはランド円より好条件です。ただし、取引時間はやや短く、インドルピー円の取引開始は午後12時30分からとなっています。

インドルピー/円 スワップ状況

また、現在のINR/JPYのスワップは非常に不安定で、水曜日には本来あるべき姿というべきか、買いポジションにスワップがつくようになっています。

原因については、皆さんいろいろな推測をされておられましたが、一言で言えば市場規模がまだまだ小さい、ということが要因の1つでしょう。日本の個人投資家の資金流入がスワップにこれだけの混乱をもたらしているわけですから、その規模は推して測るべしといったところでしょう。(日本の個人投資家の影響力は大きいとも言えますね…。)

実際に売買をするとなると、売り買いどちらにスワップがつくか、によって戦略は180度変わってきます。常にどちらにつくか分からない、といった状況では手を出さない方が無難でしょう。他にいくらでも儲けられる通貨ペアはあります。

少し長くなりましたので、今回はここまで。次回は売りにスワップがつく場合と買いでスワップがつく場合とに分けて、売買戦略を考えていきます。

※追伸

私は現在豪ドル円の売買を中心にやっておりますが、以前はペッグ制通貨専門でした。

実はその当時にからみくしーの「ペッグ制通貨でFX♪」の管理人をしておりまして、本来は不特定多数の方が閲覧することは好ましくないため、承認制を取っておりましたが、インドルピー/円のスワップの安定には、市場規模を拡大する必要性があるため、少しでも興味を持っていただいた方に、期間限定ではありますが、このコミュへの参加を自由に参加できるように設定を変更しておきました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4104098

よろしければ、こちらにもお越しください。私の豪ドル円の売買手法なども一部公開をしております。よろしくお願いいたします。

テーマ:FX - ジャンル:株式・投資・マネー

FX | 01:01:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad