■FC2カウンター

■無料PDF「勝ち組への道 知識ゼロからのステップアップ」はこちら♪

「特典付!FXレジスタンストレードメソッド(RTM)(FX自分年金型積立手法+90日間無料サポート)」2017年11月の特典として配布させていただいたものになります。無料ですので、もしよろしけばご参考くださいませ。

■特典付!レジスタンストレードメソッド (RTM)のご購入はこちら♪

2015年 +48490pips(確定)---- 2016年 +51521pips(確定)---- 2017年 +29223pips(11月11日現在)  〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 私しんからの直接購入をご検討いただける方は、お手数ですが、「ブログを見ました!」と一言添えて、この下にあります「メールでのお問い合わせはこちら♪」よりご連絡ください。原則24時間以内にご返信をさせていただきます。                                     ブログをいつもご高覧いただいている方への特典として、特別価格にてご奉仕させていただきます。(銀行振込のみの対応となります。ご了承ください。)無料サポート期間等もDLマーケット経由と同じ条件になります。

■特典付! Platinum Kubera FX はこちら♪

他社で唯一オススメできるFXインジケーター商材です。石塚先生とのタイアップ企画が実現いたしました。裁量の取り入れ方については、私も精一杯サポートさせていただきます。特典詳細は2016年12月30日付のブログ内記事(下記、カテゴリー内「Platinum Kubera FX」をクリックしてください。)をご高覧いただくか、私しんまで直接ご連絡ください。

■カテゴリー
■メールでのお問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■相互リンク募集中♪(リンクフリーです!)

このブログをリンクに追加する

■ブロとも申請フォーム
■プロフィール

しん

  • Author:しん



  • 元小学校教員のしんと言います。よろしくお願いします。

    好きな女優 昔は水野真紀さんだった時期がある。今は吉瀬美智子さん。昔は年上好みだったが、次第に年下好みに変わり、今は同じぐらいの年齢がやっぱり一番落ち着くかな、という感じがしている。
    過去に似ていると言われた有名人 加勢大周、上原浩治、柳葉敏郎、桂歌丸、ビビビのねずみ男
    大学の卒業論文はピアノ演奏、ショパンポロネーズ作品No.40-1(一般に軍隊ポロネーズと呼ばれている。英雄ポロネーズは有名だが、こちらはちょっとマニアック。ていうか、簡単。)
    座右の銘 裁量こそ最良の売買システム
    持っている資格 小学校第一種免許、学校図書館司書教諭、税理士科目(簿記論、財務諸表論)
    趣味 ソフトテニス(中、高、大とやってました。)将棋(アマ4段の免状あり。)、インターネット、平日のワンコインランチ巡り、休日のB級グルメ巡り


■最近の記事
■QRコード

QR

■最近のコメント
■月別アーカイブ

■ブログ内検索

高学歴の方はFXでも必ず勝てるか?
皆様、こんばんは^^

今日はFXと学歴について、徒然なるままに書いてみたいと思います^^;

その前に、唐突ですが、私の学歴について少し触れておきますと、私はリアルスクールウォーズのような荒れた中学校から、某進学高校に入学しましたが、そこで落ちこぼれて(笑)、なんとか滑り込みで三流国立大学に現役で入学、卒業をいたしました。

私は、勉強に関しては、学年トップクラスの成績だった中学時代、学年下位10%~20%程度の成績だった高校時代と、天国と地獄の両方を経験していますので、勉強できる子の気持ちもできない子の気持ちも分かっているつもりです。学校は、自分の能力に見合った学校に進学するのがいい、と個人的にはそう思います。

高校では、「できる」子がたくさんいましたので、私の友人には高学歴の友人がたくさんいます。特に「理数科」クラスの中には、秀才レベルと呼べる人もいまして、高校時代に投資競馬で1億円儲けた人がいました。お父さんの電話投票権を使って、馬券購入をしていたみたいです^^;

彼曰く、競馬の中で、最も手堅いレースは、意外に思われる方も多いと思いますが、統計上は「障害レース」なんだそうです。障害レースは、落馬が度々あって荒れそうなイメージがありますが、馬の実力差が如実に出るらしいです^^;彼の投資スタイルは、馬の能力、騎手の能力、馬場の状態、競馬場との相性等をすべて数値化し、出走馬による数値を比較して、レースの中で、特に突出して能力の高い馬がいるレースだけを投資の対象として、その馬を軸として枠連で流す、(たしか当時は馬連はなかったはず…)というものだった、と記憶しています。2馬の実力が抜きんでている場合は、1点張りをすることもある、と言っていました。パドックは一切見ていない、とも言っていました。

元本がいくらだったのかは分かりませんが、常識的に考えて、控除率25%の世界で、利益が出せるということ自体が驚くべきことです。彼の手法には相当の優位性があったに違いありません。それなのに、当時の私は投資競馬にあまり興味がなかったことと、彼とは親しい間柄ではなかったため、あまり詳しい話を聞くことはなかったのですが、今になってみれば、何か秘訣を聞いておけばよかった…と後悔をしています(苦笑)。今も彼が投資競馬をやっているかどうかは分かりませんが…。

さて、彼の投資競馬での手法は、FXでもいくつか応用できるところがありそうです。

最も手堅いのは統計上は障害レース→通貨ペアごとに値動きを分析、研究して、自分の得意な通貨ペアでトレードする

特に突出して能力の高い馬がいるレースだけを投資の対象とする→勝てる場面だけを厳選してトレードする

パドックは一切みない→情報に振り回されない

などですね。あまり参考になりませんか…どうですか^^;

まぁ、理数科の彼はちょっと例外として、じゃあ一般的に高学歴(頭がいい)人がFX(投資)で必ず勝てるか?というと、どうやらそうでもなさそうだ、というのが私の思うところです。投資では、「頭の良さ」というよりも、「マインド」や「経験則」といったものが重要であるように感じています。また機会があれば、私がパチンコで生計を建てていた頃の話もしたいと思います。

勝ち方や手法は、一般的な方でも十分に理解できると思います。ただ、頭では分かっていても、実際にその通りに行動する、ということが難しいのです。また逆に、理論的に勝ち方や手法を追及しなくとも、上がる、下がるといった値動きを経験則で体感的に理解できるようになる方もいらっしゃると思います。各通貨ペアごとの値動きの癖は、理屈で説明されるよりも、実際に身銭を切ってポジションを持つ経験を数多くした方がはるかに理解できるようになります。

ポンド円の上下に大きく値動きのあるチャートなどを見て、「なんだ、これなら簡単に取れそうだ!」と思って、いざポジションを取ってみますと、ロングポジションを持った途端に下げて怖くなって損切り、損切りした途端に上げて、今度こそと思ってロングポジションを取ったらまた下げて、方向性が変わったか?と思って損切り、損切りした途端にまた上げて…、後になってチャートを見ると、なんだやっぱり上げてるじゃないか!といったような経験を皆様も必ず一度は経験されてきたことと思います。

そういったことは、頭がいいからといって、事前にそのようなことになるということは予測できないようなのです。また、勝ち方が頭の中では理解できても、実際のトレードでは教科書通りにいかないことも多く、そういったことも頭がいいからといって、最初から理解できるというわけでもないようです。逆に、値動きを理屈ではなく、体で覚えておられる方は、相場をシンプルに考えておられる方が多く、上げているから買う、下げているから売る、といった思考の基に、素直に値動きに対応できるようです。

建て玉が大きくなると、今まで平常心できていたことができなくなる、ということもよく言われる典型例です。これも頭がいいからといって、一朝一夕に克服できるものではないようです。

FXで勝つためには、頭がよければ理解は早いかもしれませんが、やはり経験則や器の大きなマインドに勝るものはない、という結論に至っています。1発退場を食らわないよう、ひたむきに努力を続けていれば、ある時突然道が開けてくるように思います。

いくらかでもご参考になさっていただけることがございましたら幸いです。


←よろしければ、ポチっとお願いしますm(__)m

テーマ:★FXのスキャルピング&デイトレ★ - ジャンル:株式・投資・マネー

FX | 19:34:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad